前へ
次へ

生涯未婚率が高まっている背景とは

日本国内では、少子化が深刻な問題となっています。
その背景にあるのは生涯未婚率であり、一生のうちに一度も結婚をせず、ましては子供を設けることのない男女が増えているのです。
その結果として日本社会において少子化が深刻な問題となって表面化してきているのです。
ほんの30年ほど前までは結婚して子供を設けることが当たり前の時代でした。
しかしながら、女性の社会進出と男性の結婚に対する積極性が失われたことから、結果的に生涯未婚率が高まることとなったのです。
結婚自体が人生のゴールとならなくなり、日本人一人ひとりが自分の幸せを模索し始めたことも大きく影響していることがわかるのです。
結婚することで得られるメリットよりもデメリットの多さに人々が気づき始めた結果、それならば結婚をせずに一生独り身でも十分だと考える人が増えました。
独り身であることはそれほどデメリットを感じず、むしろ結婚をするよりも自由に生きることができるのです。

Page Top