前へ
次へ

男子ばかりの人生を歩んできた自分が婚活を始めた

自分の人生は、思えば男子ばかりの人生でした。
中高一貫の男子校だったので、青春は紅一点もない男ばかりの汗臭い青春を贈っていました。
しかも、部活に精を出していたので女の子と知り合う機会も全くゼロに近い状態だったのです。
高校になると理系コースに入り、そのまま理系の大学に進学しました。
そのため、クラスに女性は数人程度で、全く話す機会もありませんでした。
明るい性格でもないのでサークルには所属せず、ますます女性とは縁遠くなってしまったのです。
就職も企業の研究職なので男ばかりで、流石にこのままでは結婚できないと危機感をいだき、婚活を始めることにしました。
ネットで調べて人気のあった結婚相談所に申し込み、手取り足取り指導をしてもらいました。
はじめてのお見合いのときには緊張しすぎて喫茶店で飲み物をこぼすミスをやらかしてしまったのです。
それでも、今では女性とそれなりに話すことができるようになり、お見合いも順調です。

Page Top